フリーターの収入で一人暮らしはできる?アパート契約はできるの?

フリーターの収入で一人暮らしはできるのでしょうか?

一人暮らしには何かと費用がかかってしまいます。

家賃はもちろん、敷金や礼金、手数料といった費用も必要になります。そんな一人暮らしをするにあたって、必要な費用などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

都内で一人暮らしに必要な経費は?

都内で一人暮らしに必要な経費ですが、家賃の他に、食費、光熱費、ガス代、交際費、日用品、交通費と色々かかります。

家賃の値段や食費にどれくらい使うかで変わってきますが、10万円近くもしくは、10万円をこえるでしょう。

また、契約時には結構なお金がかかります。

契約の時に必要になる費用として、敷金や礼金、不動産の仲介手数料などがあります。そのため、アパート・マンションの賃貸の家賃と初期費用を合わせると、最初の段階で30万円以上はかかりますね。

 

また、都内と言っても、住む場所と物件によってかかる経費は大きく変わってきます。

例えば、高級な区と言われる港区や品川区、目黒区。

杉並区や中野区などは都内平均で高くはありませんが、安くはありませんし、地方に比べても家賃が高くなります。

 

そういった中、少しでも安い家賃で住みたいと思うなら、足立区、江戸川区などであれば、5万円以下で住むことも可能です。

都内で一人暮らしするなら、安い地区を探すことが重要です。

東京都の平均時給は?どれくらい働けばいい?

アパートの契約では、家賃はもちろん、敷金や礼金といったものが必要ですし、不動産会社への仲介手数料などが必要になります。

そのため、契約時には、家賃の4~5か月分の費用が必要だと言われています。

例えば、家賃6万円の部屋と契約しようとすると、24万円~30万円の資金が必要となります。そのため、最低でも30万円以上の貯金がなくてはいけません。

 

時給制のアルバイトの場合、東京都の平均時給は約850円前後となります。

コンビニやちょっとした店の平均時給で、居酒屋など飲食店では1,000円以上といった所もあります。

一人暮らしをするにあたってアルバイトで計算すると、例えば、時給900円の場合、6時間勤務したとして平日の週5日シフトに入れば、月/10万8,000円稼げることになります。

一人暮らしでは家賃以外にも食費や光熱費、交通費などの最低限の費用も必要になるので、勤めるアルバイト先の給料にもよりますが、平日は予定が埋まるくらい働く必要があると言えるかもしれません。

フリーターはアパート契約はできる?

雇用形態がアルバイトというフリーターの立場でも定期的な収入があれば、アパート契約は可能です。

アパート契約をする際に基準となるのは、家賃の支払い能力。

契約形態がアルバイトで、いわゆるフリーターという状況だと正社員に比べ、不利なことに違いはありません。

 

しかし、フリーターでもある程度安定した収入や保証人がしっかりしていれば、簡単にアパート契約はできます。

そのため、家賃の低い物件などだと、より契約しやすくなります。

また、現在では株やIT関係など、様々な収入手段があるため、預貯金には不安がないというフリーターの人も多くいらっしゃいますね。

フリーターでも貯金などがあり、資金に不安がない場合は、預貯金審査を不動産会社に相談してみましょう。

預貯金審査は契約者の預貯金を審査の基準としているので、契約審査を通過する可能性が高くなります。

 

保証人や連帯保証人などがしっかりしているかどうかも重要なポイントです。親御さんがご存命の場合は、ご両親に頼むということになると思います。

両親や兄弟、親戚に頼むのが通常ですが、いない場合は代行会社にお願いするという方法もあります。

これら、アパート契約では一つの要素だけではなく必要な要素があるので、フリーターの人でも審査が通過するように準備しましょう。

まとめ

アルバイトで一人暮らしをする場合は、余裕のある生活というのは、なかなか難しいでしょう。しかし、家賃の低い所を選んだり、節約生活をしたりすれば、全然可能です。

実際、アルバイトで一人暮らしをしている人は大勢います。

また、フリーターでも、定期的な収入が入る状態にありますので、アパート契約もできます。(おわり)

スポンサーリンク