納豆の賞味期限切れは1日過ぎてもダメ?大丈夫かどうか判断するには?

納豆は日本人になじみ深い食品です。

毎朝食べる人も多いですよね。

お店では、小分けしたパックで売っていて、値段も3パックで100円程。とっても手軽に食べることができます。

 

さて、お手軽であるからこそ、冷蔵庫に入れっぱなしということもあるのではないでしょうか。

そうなると、日が経っていて賞味期限が切れていることも。

納豆の賞味期限切れは食べたらダメなのでしょうか。1日過ぎてもダメなのか、また食べていいか判断の仕方について紹介します。

スポンサーリンク

納豆の賞味期限切れは1日過ぎてもダメ?

まず、賞味期限の他にも消費期限というのがあります。違いは、以下の通り。

  • 賞味期限・・・「美味しく食べられる期限」
  • 消費期限・・・「安全に食べられる期限」

納豆は発酵食品という性質上、日持ちがするので賞味期限の方が設定されています。

「美味しく食べられる期限」は、この期限を過ぎたとしても、しばらくは安全性には問題ないということです。

 

ですから、1日程度過ぎた程度では問題ありません。ただし、正しい方法で保存した場合という条件があります。

「冷蔵庫(10℃以下)で保存してください」

と書いてあるように、この条件下での話です。

10℃を超える環境に長時間置くと発酵が早く進んで、期限以内でも品質が低下してしまいますので気をつけましょう。

 

納豆の賞味期限はだいたい1週間~10日ほどです。発酵食品の割には意外と短いものなのです。

だから、気が付いたら日が経っていて、期限が切れていたということが多いのでしょうね。

大丈夫かどうか判断するには?

賞味期限を過ぎてしまったけど、大丈夫かどうか判断する方法はないか、と思いますよね。

賞味期限切れ後でも、1週間程度は変化は見られません。

しかしそれ以上経過すると、発酵が進んで以下のような変化が起こります。

  • 白いツブツブが出てくる
  • パサついて固くなってくる
  • アンモニア臭を感じるようになる

このような段階では、食感や風味が落ちてきて美味しくありませんが、食べられないこともありません。

 

白いツブツブですが、これはチロシンというアミノ酸の結晶です。カビのようですが、カビではないので食べても問題ありません。日が経つと、納豆の表面に現れるのです。

賞味期限内に発生することはまずないですが、切れると発酵が進み発生します。

食感が悪くなりますので、白いツブツブが出てきたら、加熱調理して食べる方がいいでしょうね。

 

日が経ちすぎて、臭いがキツすぎたり、水分が抜けて固くなり過ぎてしまった場合は、もう食べるのはやめておきましょう。

納豆は、製造されてからも発酵は進んでいきます。大丈夫かどうかの判断方法は、このように知っておいてくださいね。

基本は基本は賞味期限を守り、早めに食べるようにすることです。

まとめ

賞味期限は、おいしく食べることができる期限という意味なので、賞味期限を1日過ぎた程度では全然問題ありません。

品質は変わらず食べることができます。

発酵が進むと白いツブツブが出てきたり、アンモニア臭が感じられるようになります。

1日過ぎた程度ではなりませんが、賞味期限から一週間も過ぎると徐々にそのようになってきます。

臭いがキツかったり、固くなりすぎたら食べるのはやめましょう。

納豆がおいしいのは、賞味期限内です。できるだけその時に食べるようにしてくださいね。(おわり)

スポンサーリンク