一人暮らしの引っ越し料金!相場と安い時期は?

一人暮らしを始めるに当たり、気になるのが引っ越し料金ですよね。

ただでさえお金がかかる新生活ですから、引っ越し料金はなるべく安く抑えたいものです。

しかし、国内には数万の引っ越し会社があると言われており、東京だけに限っても1800社以上がひしめいています。

そのため、引っ越し会社の選び方次第では、料金にも大きな違いが出ることがありますよ。

そこで、今回は単身での引っ越し料金の相場や、引っ越し料金の安い時期、なるべく安く抑える方法などについて紹介しますね。

スポンサーリンク

引っ越し料金の相場

引っ越し料金の相場といっても、どの引っ越し会社に頼むかだけでなく、引っ越し先までの距離や荷物の量によって大きな違いがあります。

たとえ単身の引っ越しで荷物も少ないとしても、北海道から沖縄に引っ越す時のように遠距離の移動が必要なら、それだけで10~20万円は必要になるでしょう。

そこで、ここでは同一市内や県内など中近距離での引っ越し料金を考えてみます。

 

そうすると、一人暮らしで荷物の量も平均的な人なら、だいたい3~6万円あれば大丈夫でしょうね。

近距離で荷物も少ないなら3万円でお釣りがくることもありますよ。なお、単身の引っ越しの場合、2トントラック1台と2名の作業員で見積もります。

これだけで運搬し切れないほど荷物が多い場合は、当然ながら料金も割高になるのであくまで参考として捉えておいてくださいね。

 

あと、一人暮らしの引っ越しなら単身パックというのがあります。

単身パックとは、引っ越し会社の用意するコンテナボックスで荷物を運ぶ単身者向けの格安プラン。

トラックの荷台に荷物を積んで運んでもらう点ではふつうの引っ越しと同じですが、単身プランでは、荷物を積める量が横幅1メートルぐらい、高さ1.7メートルぐらいのコンテナボックスに収まる量と決まっているので、引っ越し会社としては1台のトラックに何人分もの荷物を積めます。

 

人件費や輸送費を抑えられるため、引っ越し料金も安くできるというわけですね。単身パックなら、30キロぐらいの範囲で1万5千円前後で引っ越しが可能です。

ただし、荷物を1個のコンテナボックスに収めることがポイントですよ。荷物が多くてボックスをもう1個追加すれば、逆にふつうのプランより割高になることもあるので注意してくださいね。

時期による料金の違い

引っ越し料金は時期によってかなり違います。

やっぱりたくさんの人が引っ越しする春先には、引っ越し会社も繁忙期なので料金を高く設定するものですし、引っ越しする人が少ない時期なら料金を安くしてお客さんを集めるものです。

では、どのぐらい金額に差があるかですが、これも引っ越し会社によって差があります。

 

一例を挙げるなら、引っ越し先や荷物の量など条件がまったく同じとして、繁忙期では5万円以上かかるところ、閑散期には3万円で収まるという具合です。

どの引っ越し会社もそうというわけではありませんが、会社によっては時期の違いだけで、近距離での引っ越しでも2万円以上の差が出ることがあるというわけですね。

引っ越し会社の繁忙期

では、具体的にいつが引っ越しの繁忙期と閑散期になるかについて見ていきます。

繁忙期は日本全国どの引っ越し会社でも共通しています。やっぱり入学や入社など新生活を始める人が多い3~4月が最も忙しいですね。そのため、引っ越し料金もいちばん高い時期となります。

引っ越しの時期はなかなか自分で決められないこともありますが、多少の自由が利くなら1~2月中か、5月になってからにすると節約できますよ。

 

また、料金が高いだけでなく、自分の希望する日に引っ越しできないことがある点にも注意してください。

繁忙期ということはそれだけ引っ越しする人がたくさんいるわけですから、引っ越し会社の規模によってはトラックや作業員が足りなくなるということがあるからです。

そのため、3月中に引っ越ししなければいけない場合はなるべく早めに予約しておきましょう。

安い時期はいつ?

春先以外の時期は引っ越しのオフシーズンと言ってよいですが、月によって多少料金の相場に違いがあるようです。

たとえば9月や10月は転勤などで引っ越しする人が増える時期ですので、春先ほどではないにしても多少料金の設定が高めになります。

1~2月も新生活に備えて早めに引っ越す人がいるので、少々高くなるでしょう。

 

逆に、最も引っ越し料金の安い時期は11月ごろです。この時期に引っ越す人はあまりいないので、月によって料金設定を変える引っ越し会社なら最も安くなるはずです。

引っ越す人が少ないと、引っ越し会社は作業員やトラックが余ってしまいますよね。何もせずに余らせておくよりは、他社より料金を安くしてでも依頼を受けようという会社が増えるわけです。

希望日に予約が取れないということも少ないので、可能なら11月ごろに引っ越すことを検討してはどうでしょうか。

まとめ

一人暮らしの引っ越し料金について紹介しました。

引っ越しは、荷物の量、距離による違いの他、繁忙期など時期によって違ってきます。

単身パックなど、お得なプランを活用しながら上手な引っ越しをしてくださいね。(おわり)

スポンサーリンク