水道の蛇口の汚れは何?汚れの種類で掃除方法を変えるのがコツ!

一人暮らしをすると色々な場所の掃除が欠かせなくなります。

その中でもは蛇口は生活には欠かせない水を使うのもですので、汚れやすいもの。

逆に毎日使うものだから、掃除して汚れがキレイに落ちるとスッキリとした気持ちにもなれます。

今回は蛇口の汚れの落とし方について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

蛇口の汚れは何の汚れ?

まず、掃除をする前に蛇口の汚れは何の汚れなのかを知っておくのが大事です。

白い膜のようなものがついているのは水垢

水垢は、水道水に含まれるカルシウム等のミネラル分が乾いて付着したものです。水を使うとどうしても飛び散ってしまい、その水が乾くと水垢になるという流れです。

この他、蛇口の根元に赤っぽい汚れがあります。ピンクというか茶色状の汚れです。

この汚れは「ロドトルラ」という酵母菌

この2種類が蛇口の汚れです。汚れによって落とし方や使う洗剤がかわってきますよ。

汚れの種類で掃除方法を変える

蛇口の汚れは主に「水垢」と「酵母菌」。

それに対応した落とし方が必要になってきます。

水垢の落とし方

水垢の原因はミネラル分。それを落とすことを考えなくてはいけません。

まずは、ふきんやスポンジで磨いてみます。今ではメラニンスポンジというものも販売されています。

汚れがひどくなければ、それで磨いても十分綺麗になります。

 

しかし、日が経ちミネラル分も固まってしまって頑固な汚れになったものは、洗剤を使ってみることになります。

水垢落としの洗剤はたくさん売られています。

もっと安く済ませるには、クエン酸やお酢を使う方法も。

 

水垢はアルカリ性の汚れです。

この場合、酸性の洗剤が効力を発揮します。クエン酸やお酢は酸性ですので、効き目があるということです。

使い方としては、

  • 粉のままスポンジにかける
  • スプレー状にする
  • キッチンペーパー等に染み込ませて、湿布する

以上の3つがあります。頑固な汚れには湿布して使うことをおすすめします。

実際の方法としては、

  1. クエン酸の粉と水を適量作り、クエン酸水を作る
  2. 気になるところをクエン酸水を吹きかける
  3. キッチンペーパー等で該当箇所をシップする。
  4. 1時間くらいしたらペーパーを外し、水で流す。
  5. 重曹をふりかけてスポンジ等で磨く。

汚れが落ちない場合は、湿布時間を延ばしてみます。重曹で磨くと綺麗になります。磨きにくい箇所は歯ブラシが便利。

クエン酸水の作り方は水200㏄あたり小さじ1杯のクエン酸を溶かして作ります。

また、クエン酸は三角コーナーに臭い取り、トイレの黄ばみなどにも使用できる便利な品です。

他の場所も掃除したいと思っているならこちらを購入すると1本でいろいろな場所が掃除可能ですよ。

酵母菌の落とし方

酵母菌は繁殖力が強いので、こまめな掃除が必要です。

塩素系の洗剤や漂白剤は殺菌効果はありますが、使う時は、使える場所なのか確認し、使い終わった後は、しっかりと洗い流す必要があります。

お風呂用の中性洗剤を使う方法もありますが、おすすめはエタノールを使った方法。

エタノールはドラッグストアに売っています。

上記の方法と同じく、キッチンぺーパー等に染み込ませ湿布します。10分程度後に、スポンジ等で磨けば綺麗になります。

まとめ

今回は蛇口の汚れは何なのかとおすすめの掃除方法について紹介しました。

蛇口汚れは水垢と酵母菌の2種類です。汚れの種類を理解すれば、どのような掃除方法が適切なのかが分かります。

方法としてクエン酸を紹介しましたが、クエン酸は他の場所も掃除できるので便利です。

赤っぽい汚れは、すぐに繁殖するので、こまめな掃除が必要です。蛇口周りを清潔にしてキレイな部屋を作りましょう。(おわり)

スポンサーリンク