e転居はがき作成とは?プリンタがなくても送ることができる!

e転居はがき作成というサービスを知っていますか。

引越しの後に必要になるのが転居はがきでの挨拶。そんな時に便利なのが、e転居はがき作成サービスです。

e転居はがき作成の値段や注意することなどについてまとめましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

e転居はがき作成とは?

e転居はがき作成は、引越しなどで転居した時に、知人や友人などにお知らせを送ることのできるサービスです。

引越しをした後には、転居はがきを出すことが多いでしょう。

引っ越したという挨拶としてはもちろん、お付き合いのある人に新しい住所を教える機会となります。

 

e転居はがき作成の流れは簡単。

  1. はがきを選ぶ
  2. 必要事項を入力
  3. 宛先へ郵送

簡単3ステップで送ることができます。ネットで完結してしまうのも便利ですね。ただ、会員登録する必要はあります。


自分でデザインして印刷してといったパソコン作業をする必要がなく、忙しい時期にも簡単に出せるのがおすすめの理由となります。

自分で転居はがきを作ろうとすると、パソコンにプリンタが必要ですし、印刷紙としてはがきも購入してこなければいけません。

プリンタがない場合にも、このサービスは便利ですね。

「忙しくて作るのが面倒・・・」という時もありますよね。そんな時にも、e転居ではがき作成サービスは、おすすめのサービスと言えます。

いくらぐらいでできる?

e転居はがきの作成サービスは、3つのパターンで違います。

  • 郵便はがき郵送(投函)の場合
  • 郵便はがき宅配の場合
  • 私製はがき宅配の場合

郵送は宛名に送ってもらえるサービスです。宅配は自分宛に送ってもらうサービスです。

 

郵便はがき郵送(投函)の場合は、

1枚=税込み148円(はがき印刷単価80円+消費税6円+はがき代62円).

複数枚購入する場合は、はがき印刷単価80円×枚数+消費税+はがき代62円×枚数。

 

郵便はがき宅配の場合は、上記の費用に加えて、ご自宅への郵送に510円必要となります。

 

私製はがき宅配の場合は、

1枚=税込み86円(はがき印刷単価の80円+消費税6円)。

複数枚購入する場合は、はがき印刷単価80円×枚数+消費税。

自宅への郵送に510円必要になります。

注意事項は?

e転居はがきは、お支払い方法がクレジットカードのみなので、クレジットカードを持っていないという人は申し込むことが出来ませんので注意して下さい。

使用できるクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、UC、アメリカンエキスプレス他、などがあります。

分割払いもできませんね。一括払いのみです。

 

郵送・宅配してもらえるのは、日本国内のみです。ただ、注文は海外からもできますよ。

まとめ

e転居はがき作成サービスについて紹介しました。

ネットで完結してしまうのは、とても便利ですね。プリンタも必要ありません。

多くのテンプレートから選ぶことができ、簡単に作成できて送れるという利便性を考えれば、良心的なお値段と言えるのではないでしょうか。(おわり)

スポンサーリンク