自分で出来る!足音対策・騒音の少ない部屋の選び方

引越しで新居を選ぶときに、注意をしたいのが騒音対策です。

音がうるさいかうるさくないかだけで生活は一変しますし、騒音トラブルに巻き込まれると大変。

上の階や隣の住民の騒音がうるさいのはもちろん、自分自身が不注意で騒音を起こしてしまう可能性もあります。

だから、騒音は自分も対策をする、そして周辺に迷惑にならない環境を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

足音などの騒音が気になりにくいアパートとは

騒音対策を重視するのであれば、鉄筋コンクリート造りのマンションを選びましょう。アパートでも鉄筋コンクリートがおすすめです。

鉄筋コンクリート以外にも、RC造り、SRC造りなどの記載がありますが、どれも全部鉄筋コンクリートのこと。

何本もの鉄の棒で骨組んで造られて、そこにコンクリートを流しているマンションなので、遮音性が一番高い造りになっています。

おすすめしないのは木造です。

木造は通気性がよく音が通りやすい、一軒家や古めのアパートで使われている造り。騒音トラブルが起こりやすい、酷い場合は上の家の人がどこを歩いているかわかるくらいだとも言われています。

木造と鉄筋コンクリートの中間が、軽量鉄骨や鉄骨。

鉄筋コンクリートは高いけど木造は嫌だな、という消去法で選ぶ人も多いですが、実は一番差が激しいのが鉄骨造りの家です。

造り方によって大幅に音漏れするかどうかが変わってくるので、あまりおすすめはしません。もし選ぶのであれば、出来るだけ音が響きにくい場所を選びましょう。

あとは、鉄筋コンクリートでも音が響く可能性もあります。

造り方によっても変わってきますし、人の大きな声、楽器の音などは比較的音が通りやすいので注意をしましょう。

足音対策で重視するべきこと

まず、自分自身が出来ることは普段から気をつけることです。やはり何も気にせず歩いていると足音が響く可能性があります。

夜や早朝は特に、意識して静かに歩くようにしてください。あと、クッションマットなどはおススメの対策方法です。フローリングは特に響きやすいので、一枚敷いておくと良いかもしれません。

次に、他の方の足音が気になる場合です。

まずは神経質になりすぎないことが大切。相手の音が聞こえるということは、自分も下の階に足音などが響いている可能性があります。

騒音トラブルはお互い様、ある程度の足音は気にしないことが大切です。

もし深夜や早朝の足音がうるさい、明らかにドタバタする、と言う場合は管理会社などに相談をしましょう。

管理会社から直接注意をしてくれる場合もありますし、マンション全体に忠告をしてくれる場合もあります。

マンション全体に忠告をしてくれたら、自分が苦情を言ったと知られることなく住民全員の意識が高まるかと思います。

あとは、引越しをするときに挨拶をすることもおすすめ。

もし自分の住んでいる家が長年空き家だった場合は、上の階の人は「人がいないから」と足音を気にしない生活をしていたのかもしれません。

挨拶をすることで、下に住民が入った、これからは足音の対策をしないと、という意識が向くのではないでしょうか。

先手を打って挨拶をしておくことは意外と効果的なのです。

アパートの共用部分

事前に知りたい!足音がしないアパートの選び方とは?

 

実は、アパートやマンションの造り以外にも、騒音がするかどうかの見分け方があります。

まずはどんな人が住んでいるか、事前に調査をすることです。

管理人さんや大家さんなどに聞けば、年齢や家族構成など大体のことを教えてくれるところが多いでしょう。

小さな子供がいると足音がうるさいかも、一人暮らしの社会人ならそこまでうるさくないかも、といったある程度の予測が出来るかと思います。

マンションやアパートの間取りを考えると世帯数の近い人が住むことが多いですが、事前に知っておくと便利かもしれません。

次に、共有スペースを見ることです。

実は共有スペースを観察することで、ある程度の情報を知ることが出来ます。

共有スペースが綺麗に片付いているマンションやアパートは、住民の質が良い証拠。

逆に、チラシが散らばっている、郵便受けに沢山の郵便物がたまっている、などの場合はあまり質が良くないかもしれません。

もちろんゴミが散らばっている、匂いが気になる、などの状態も気にするようにしましょう。事前にマンションの共有スペースの状態を観察することが大切です。

最後に、足音トラブルに巻き込まれない方法といえば、やはり最上階に住むことです。

過去に足音トラブルに悩んだと言う人は、いっそ最上階の物件を選んでください。足音は上の階からするものなので、一番上に住んでしまえば足音で悩むことはありません。

反対に、過去に足音がうるさいと注意を受けた人は一階に住むのも良いかと思います。一階にテナントが入っている物件でも良いでしょう。

このように、事前にある程度の対策をとっておけば、入居後の足音トラブルを回避できるかもしれませんね。(おわり)

スポンサーリンク