アパート入居時に必要な6つの費用。敷金・礼金の他は?

一人暮らしを始めるには何かとお金がかかります。

引っ越し費用、入居にかかる費用、家財道具の購入費など考えると、少しでも節約したいもの。

それには、最低何にどれだけかかるかを把握しておくことが大事です。

特に、アパートに入居するには、家賃を払えばそれでよいわけではなく、敷金、礼金、仲介手数料などさまざまな費用がかかります。

こちらではアパートの入居時に必要となる6つの費用を紹介しますね。

スポンサーリンク

アパート入居時に必要な費用

家賃

入居時には入居月とその翌月の家賃を前もって支払うのが一般的です。

それだけでなく、共益費という費用も家賃と一緒にかかる場合があることに注意してください。

アパートには玄関や廊下など他の住人と共有するスペースがありますが、そこの清掃にかかる費用や電気代などが共益費として月々発生します。

 

家賃とは別に記載されていることも多いので、家賃の安さだけでなく、共益費も含めた金額を確認してください。

ただし、なかには共益費のないアパートもあります。その場合は、家賃2カ月分が最初に必要な費用ですね。

敷金

敷金の金額は地域によって違いがあり、他より高い地域や敷金を要求されない地域などさまざまです。

敷金が必要とされる理由は、入居中に部屋を汚したり壊したりなどした時のために、最初に不動産屋さんにお金を預けておいて、部屋から出る際に修繕費として使用するためです。

ということは、部屋がきれいなままなら敷金が返ってくるということですが、不動産屋によっては何かと理由を付けて返してくれないこともあります。

 

その辺は契約の段階で不動産屋さんとよく話し合っておくことが大切ですね。

ところが、最近は敷金のない物件も増えていますよ。同じ物件でも、ある仲介業者には敷金が必要と言われたのに、別の業者に紹介してもらったら敷金が必要なかったというケースがあるのです。

また、そもそも敷金は修繕費用として預かっておくだけのお金ですから、大家さんの収入にはならないものです。

 

ですので、空室を埋めることの方が大事だという大家さんなら、敷金なしで入居できるところもあります。また、交渉次第で敷金を安くしてくれたり無料にしてくれたりというケースもありますね。

特に、入居者の少ない時期は狙い目です。別の物件と迷っている時など、「敷金なしなら即決するのになぁ」と交渉してみるのもいいかもしれませんね。

礼金

礼金も敷金と同じく入居時に要求されるお金ですが、敷金と違って自分の手元に戻ってくることがないお金です。

礼金という言葉からわかるように、部屋を貸してくれたお礼として支払うお金と思ってください。

礼金も地域や物件によって金額に大きな違いがあったり、支払う必要がなかったりといったことがあります。

 

入居者の少ない時期は礼金なしなのに、春など引っ越しシーズンには高くなるということもありますね。また、最初から礼金の金額を家賃に上乗せしている物件もありますよ。

仲介手数料

不動産屋さんによってはないところもありますが、自社で管理運営していない物件については仲介手数料を取る不動産屋さんは多いです。

つまり、その不動産屋さんで管理する物件なら仲介手数料がないことが多いということですので、出費を抑えたいならそういう物件ばかり当たってみるのもありですね。

なお、仲介手数料の金額はだいたいその物件の家賃の1カ月分と相場が決まっています。

保証料

物件を借りる際に連帯保証会社を利用すると、保証料が必要になります。

連帯保証人がいない人や、保証人の支払い能力が低い場合など、代わりに家賃の支払いを保証してくれる会社と契約することで、借り手が家賃を滞納した時などに連帯保証会社が立て替えてくれるというものです。

もちろん立て替えてもらったお金は、借り手が後で返済しなければなりません。大家さんにとっては家賃滞納のリスクが低くなり、借り手にとっては連帯保証人がいなくても部屋を借りられるというメリットがあります。

 

金額は「家賃の半額」や「家賃1カ月分」「2万円」などさまざまですが、2年ごとに更新しなければならないのは大体どこも一緒ですね。

火災保険料

火災、または水回りの事故などを対象とする損害保険のことです。

賃貸契約する時に同時に加入するのが普通ですね。

金額の相場は2万円程度です。契約期間は賃貸契約と同じ2年契約がほとんどで、賃貸契約を更新する際は火災保険料もその都度支払うことになっています。

 

また、火災保険料だけでなく害虫駆除代などの費用を請求するところもあります。火災保険はどこも必要ですが、それ以外の費用は絶対に必要なものなのか確認しておいた方がよいでしょう。

最初に必要な合計金額

家賃と共益費を2カ月分、敷金と礼金も家賃の2カ月分と考えると、入居時に必要な金額は、その他の費用を含めてだいたい家賃の7倍ぐらいになります。

家賃5万円のアパートに引っ越すなら、35万円は用意しておきたいというわけですね。

もちろん敷金・礼金のないところなど節約できるケースもありますが、予算は多めに用意しておいた方が安心でしょう。

以上、家賃・敷金・礼金・仲介手数料・保証料・火災保険料の6つの費用を要チェックとして紹介しました。(おわり)

スポンサーリンク