アパートやマンションの共益費は毎月支払うもの?値下げはできる?

アパートやマンションの中には、家賃のほかに共益費が掛かる場合があります。

賃貸情報を見ていても、家賃のほかに記載がある場合がありますよね。

綺麗なマンションだったらその分共益費が高くなっていることが多いですし、小さなアパートでも管理人さんが常駐している場合は数千円とられる場合もあります。

借りる側としては分かりにくいから、それも家賃に含めて書いてほしいと思うこともあるでしょう。

そんな共益費っていったい何の意味があるのでしょうか。また毎月支払いが必要なものなのでしょうか。ここでは、この共益費にスポットを当てて紹介します。

スポンサーリンク

共益費は毎月支払いが必要?

共益費とは、名前のとおり共有部分に使うための費用

自転車置き場の管理、共有スペースの掃除、階段や廊下の照明の管理、上下水道の掃除など、本当にさまざまなことにその費用が使われています。

管理人さんが常駐しているマンションだと高い費用を支払わなければいけない場合がありますし、共有部分が豪華であればあるほど共益費も高くなることが多いですね。

 

高層マンションなんかは、毎月数万円の共益費を支払う場合も少なくありません。

ただでさえ高い家賃なのに更にプラスされるなんてびっくりですよね。ちなみに、相場は家賃の5パーセントから10パーセント程です。

 

さて、下水道の掃除、各種共有部分の掃除、照明、もちろん管理人としての仕事は初月だけではありません。

住民が住んでいる期間はずっと掃除をしたり、明かりをつけたり、下水道なども汚れていきます。

マンションやアパートの管理は住んでいる限りずっと続きます。最初に初期経費を払っておけばよいという訳ではありません。

なので、家賃と同じく毎月支払わなければなりません。

 

家賃が10万円で共益費が1万円のマンションの場合は、毎月11万円を支払わなければいけません。実質家賃11万円のマンションのようなものです。

物件検索で家賃10万円以内、と検索をしても、共益費を加えるとそれ以上の金額になってしまう場合があります。

だからネットで物件を検索するときは、共益費込みかどうかをしっかり確認して検索するようにしてください。

 

ただし、中にはちゃんと管理されていないマンションやアパートもあるので注意をしてくださいね。

共益費が取られているのに掃除をしている人を見たことがない、常に共有部分にゴミが落ちたままになっている、電球が切れたままになっている、といったことがあれば支払っているだけ損をしていることになります。

共益費を支払うということはマンションの共有スペースの管理費を出しているということです。

気になった場合は指摘をしましょう。

値下げはできる?

共益費はマンションやアパートに住む上で必要な費用なので、設定されている場合は毎月支払いが必要です。

ちなみに家を借りる時に家賃の値下げ交渉を行う人もいるかと思いますが、共益費の値下げ交渉は原則できないと思ってください。

なぜなら同じ費用を全ての住人が支払っているからです。全ての人が同じように利用しているのに、支払う共益費が違ったら問題ですよね。

 

だから値下げ交渉を行うのなら、家賃部分のみの値下げ交渉を行うべきです。そして、マンションやアパートを探すときは、共益費の確認は忘れないでください。

敷金・礼金などとは違い、毎月支払うものなので、家賃にプラスして考えないと毎月の出費が想像以上に高くなってしまいますよ。

 

一人世帯のマンションやアパートの場合、共益費が3000円から5000円ほどのところが多いですが、毎月の家賃が数千円高くなるだけでも年間トータルの出費は結構な金額になってしまいます。

共益費を見ずに安い!と思って契約をしたけど、プラスしたらそこまで安くはなかったということもよくあります。

家賃と同様と考えて、毎月欠かさずに支払う必要があります。共益費があるからこそ、共有部分の管理がしっかりとなされるんですね。

まとめ

実は昔は共益費というものは存在していませんでした。

昔はあったとしても、家賃に含まれていたことが多かったのです。平成に入った後くらいから、徴収するところが増えてきたようですね。

今では普通になってしまった共益費。

毎月支払う必要がありますが、そのおかげで、共用部分がきれいになっているのですね。(おわり)

スポンサーリンク