タンスを移動させたい時!業者やグッズを使った方法とは?

部屋の模様替えにタンスを移動させたい時ってありますよね。

タンスは重いので、1人ではなかなか動かせません。

誰か移動を頼める人がいればいいですが、いない場合にはどういった方法があるでしょうか。

ここでは、タンスを移動させる方法として、業者やグッズを使った方法を紹介します。参考にしてください。

スポンサーリンク

タンスの移動に使うグッズは?

まず、タンスを無理に動かそうとすると、床に傷がついてしまいます。

賃貸の場合だと、敷金から差し引かれることもありますので、無理に動かそうとしてはいけません。また、万が一、倒れてきたら危険。

ですから、慎重に行うべきですね。

 

まず、タンスを移動させるには、出来るだけ中身を少なくするのがコツ。引き出しがあるなら、そのまま引き出しごと抜いてしまえば、後は入れるだけですのでラクですね。

その後、軽くなれば少しずつ動かして移動させることができます。

それでも、重いなら家具移動グッズを使います。

 

ネット通販でも購入できますが、ホームセンターなどにも売っています。

例えば、「移動キャリー」。

 

移動キャリーは、テコの原理で持ち上げて、小さな台車の上に載せて動かすグッズです。

価格は2~3000円程度。

キャリーに載せて運ぶので、一人でもできます。

 

ただ、注意点としては、

  • ローラーなので、絨毯のところでは移動できない
  • 傾斜がある床面では危険
  • 柔らかい床面だと、ローラーの跡がついてしまう場合があること

この3点は念頭に入れといたほうがいいですね。

さらに念を入れるなら、フロアに傷がつかないように、フロアシートを使って移動させる手段もあります。

 

フロアシートでしたら、薄いですので、段差ができにくく丈夫です。これもホームセンターに行けば売っていますよ。

 

さて、もっと安く済ませたいなら、「スベリ材」というアイテムを使う方法があります。

ホームセンターでも売っている他、100均では、ダイソーで「すべるシール」という商品がありますよ。

家具の裏面に、このシールを貼ります。床に接する面が滑りやすい素材ですので、動かしやすいという仕組み。

 

ただ、家具を持ち上げてシールを貼るわけですから、あまりに重いタンスには向きません。

押して動かせる程度の重さの家具を、床を傷つけずに動かしたい場合に便利です。

業者・便利屋の家具移動サービス

引っ越し業者で大型家具を移動させてくれるサービスがあります。

引っ越し業者というと、荷物を家から家へ運ぶだけというイメージがあるかもしれませんが、今ではクリーニングをしてくれたり荷物を保管してくれたり、不用品を買い取ってもらえたり、多角的にサービスを提供しています。

家具移動もその一つ。

 

一人では重くて運べないような大型の家具や家電を移動してくれるサービス。

引越し業者さんで申し込みが可能です。価格は、おおよそ家財1点の移動で6,000円(税抜)~程度です。

また、このような業者であれば、部屋内の移動だけでなく、違う階への移動や吊り上げ吊り下げといったサービスもできますね。

 

また、以前に引っ越しサービスを利用したことがあるなら、アート引っ越しセンターのように、1年以内だったら、1回限り無料で荷物の移動をしてくれる所もあります。

家具・家電の移動の他、家具の組み立て、耐震補強などのサービスをしている所も。

 

引越し業者を利用する以外にも、便利屋などを利用する方法があります。

便利屋は業者によって値段もマチマチですが、安いところだと1時間の作業時間で約3,000円~

作業費1名1時間3000円、追加料金30分1500円。出張費1名2000円。

便利屋などを利用すると、若干、安く済ませられるというメリットがあります。

 

便利屋は、家具の移動だけではなくて、不用品を処分してほしいなど幅広い要望に答えてもらえます。

家具を移動させたついでに色々お願いしたい場合は、便利屋さんを検討してみてもいいですね。

※金額等に関して変更になる場合があります。

まとめ

タンスの移動について紹介しました。

グッズを使って一人で移動させる方法の他に、引っ越し業者や便利屋さんを頼む方法があります。

やはり、家具移動でも人を呼ぶわけですから、結構なお金がかかります。一人でやる場合は怪我や家具をぶつけたりしないよう気をつけましょう。(おわり)

スポンサーリンク