冷蔵庫の掃除で用意するものは?手順や頻度はどれくらい?

冷蔵庫の掃除はどのようにすればいいのだろう、と迷いませんか。

ふきんで拭くぐらいは分かりますが、何か効果的な道具があれば掃除もはかどりますよね。

ここでは、冷蔵庫のおすすめ掃除方法や頻度などについてまとめました。

参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

冷蔵庫の掃除で用意するもの

冷蔵庫の掃除で用意するものは、拭くものとしてはキッチンペーパーやふきん、洗剤としてはキッチン用アルコール、重曹です。

キッチン用アルコールは、「キッチン除菌アルコール」としてスプレーで販売されています。これは「エタノール」でもOKです。

冷蔵庫の掃除には重曹もおすすめです。重曹はあらゆる掃除に利用できる便利グッズ。

 

重曹は酸性の汚れに強く、油汚れを落とすのに効果があります。さらに消臭作用もあるので、冷蔵庫の臭いが気になる方にもおすすめのお掃除アイテムです。

ただ、重曹は除菌作用に関しては弱いので、除菌アルコールスプレーも併用することをおすすめします。

重曹は水に溶かせば使えるので、スプレーとして使っても便利。スプレータイプとしても販売されていますが、粉で買った方が量的にはお得です。

重曹は、スーパーやドラッグストア、100円ショップでも簡単に手に入りますよ。

冷蔵庫の掃除の手順

まず安全のため、最初に冷蔵庫の電源プラグを抜きましょう。

次に、掃除しやすくするため、冷蔵庫の中にある食材を整理して下さい。庫内をできるだけ物が少ない状態にしておきましょう。

大がかりな掃除でしたら、冷蔵庫の棚や仕切り板など、外せるパーツははずして掃除します。中性洗剤でパーツを洗って、アルコール除菌で拭き取ると綺麗になります。

 

重曹水で外側や冷蔵庫内をスプレーしながらふきんなどでを拭きます。その後、アルコール除菌をします。

冷蔵庫内は食品で雑菌が繁殖しやすいので、除菌するのがおすすめです。

冷蔵庫の掃除は庫内のものを出して行なう必要があるので、手早く掃除するようにします。あまり長い時間食材を庫外に出していると、食材が傷んでしまいます。

クーラーボックスを使って一時保管しておくのも良いでしょう。あと電源を切ると、冷凍庫の氷も解け始めるので注意してください。

 

最後に、消臭剤を置いて終わりとなります。

消臭剤は、炭で消臭するグッズもよいですが、重曹でもできます。これは先ほども書いたように消臭効果もあるのです。

ヨーグルトやゼリーぐらいの大きさの容器に入れて冷蔵庫に入れておきます。これだけで3か月程度は消臭効果がありますよ。

冷蔵庫の掃除の頻度は?

冷蔵庫の掃除はどれくらいの頻度がいいのでしょうか。

冷蔵庫は、あまり掃除をしないという方も多いようです。あるアンケートによると、年に1~2回という回答が全体の半数を超えているとのこと。

半年に1回や1年に1回というの掃除は、冷蔵庫を清潔に保つには少ない数字と言えます。

 

というのも食品は雑菌が多く、冷蔵庫には臭いなどもつきやすいです。食材の汁などがこびりついたり、カビが生えてしまう箇所があったりします。

そのため、掃除はこまめに行なうようにしましょう。

冷蔵庫の掃除では汚れを落としたり、臭い対策をする以外にも、食べ忘れていた賞味期限切れのものや消費期限切れのものが見つかるというメリットもあります。

冷蔵庫の掃除は定期的に行なうことが大切です。

簡単な掃除は週1回程度、大がかりな掃除も、3ヶ月に1回くらい食材の少ない時に行なうようにして下さい。

まとめ

今回は冷蔵庫のおすすめ掃除方法について紹介しました。

おすすめの洗剤としては、重曹と、キッチン用除菌スプレーです。重曹は油の汚れ落としや臭い消しに、除菌スプレーは、食材の雑菌対策としてです。

是非、綺麗な冷蔵庫で、快適な食生活を送ってくださいね。(おわり)

スポンサーリンク