一人暮らしでもカーテンを綺麗に!洗濯の方法やカビの落とし方は?

カーテンの汚れが気になることはありませんか。

一人暮らしでも清潔な環境で過ごしたいものですよね。いざ綺麗にしようと思ってもカーテンはどのようにすればいいのか分からないものです。そこで今回はカーテンを綺麗にする方法についてまとめました。

是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

カーテンを綺麗にする方法

綺麗にしようと思ったら、まず洗濯機を思い浮かべますよね。

洗濯時は「洗濯表示」を見るのが大事です。

たいていのカーテンは自宅で洗濯できます。「水洗い不可」のカーテンは以前より少なくなってきました。あと表示が「手洗い」になっていたら基本洗濯機では洗えません。

 

ただ、洗濯機でも「手洗い機能」や「弱水流」機能がありますので、それを使えば可能です。手洗いが必要なカーテンはデリケートなので洗剤も「おしゃれ着用」を使う必要があります。

洗濯機でカーテンを洗うには、カーテンを外し、畳んで、洗濯ネットに入れます。洗剤は洗濯表示をみてみます。

「中性洗剤使用」という表示がなければ、衣料用の洗剤を使ってもかまいません。洗濯が終わればカーテンレールに再び付けて干します。

 

カーテンは大きいですが、そのままカーテンレールに再び戻せばいいので干す場所を探さなくていいのがいいですね。

それに、カーテンレールで干すことによってシワが伸びするので洗濯シワを気にせずに済みます。

ですが、カーテンを見てみるとガビ汚れが酷い場合がありますよね。そういう時にはこの方法が便利ですよ。

カーテンについたカビの落とし方

カーテンは長い間つけっぱなしで洗っていないとカビがついてしまいます。カビの発生要因として温度・湿気・栄養分。

窓際なので湿気がありますし、ホコリが栄養分となります。なので繁殖しやすいのですね。できやすいののは黒カビです。

 

黒カビは普通に洗濯機で洗っても落ちない場合がほとんど。根が深いのでなかなか落ちないのです。

しかし、少しの工夫でカーテンについたカビを落とすことができますよ。

お湯を使う方法

黒カビがついて日が浅い場合は、お湯で落とすことができます。流れとしては、

  1. 要らない布をお湯に浸します。(2枚用意する)
  2. シミがあるところの裏に布を当てます。
  3. もう1枚でポンポンと布を当てればOK。

黒カビがついて日が経ちすぎたカーテンでは効果がありません。

酸素系漂白剤を使う方法

真っ白なレースカーテンでしたら塩素系の漂白剤の方が効果がありますが、色があるものですと色落ちしてしまいますのでやめましょう。

酸素系漂白剤を使った方法は、

  1. 酸素系漂白剤をぬるま湯に入れます。
  2. その中にカーテンを数時間つけ置きします。
  3. カビの箇所を生地がいたまない程度で歯ブラシでたたいたり、もんだりします。
  4. そのカーテンを洗濯機で回します。

お湯で落ちない場合は酸素系漂白剤で落としましょう。

 

カビキラーを黒カビ部分に吹きかけて取る方法もネット上ではみられますが、塩素系の洗浄剤ですので、素材を傷めたり色が落ちたりする可能性があるので取り扱いに注意してください。

コインランドリーやクリーニングで綺麗に

一人暮らしだと、洗濯機が小さくてカーテンが入らない場合もありますよね。

その場合はコインランドリーでの洗濯やクリーニングに出して洗濯してもらうことをおすすめします。

コインランドリーにそのままポイするだけだとカーテンを傷ませる可能性があります。洗濯表示を見て「手洗い」が必要であれば「手洗いコース」を選択する必要があります。

 

また洗濯機同様に1枚ずつ折り畳みネットに入れることが大切。

カビがある場合は先ほど書いたカビ取り方法で取って、乾かしてからコインランドリーに持ち込みましょう。

コインランドリーですと大きな洗濯機ですので複数枚のカーテンを一気に洗うことが出来るので時短ができますよ。

クリーニングはお金はかかるのがデメリットですが、綺麗にしてもらえますし、自分で洗う手間がかかりません。

まとめ

カーテンを洗濯する方法について紹介しました。

洗濯機でもコインランドリーでも畳んでネットに入れて洗うことが大切です。

また、カビがひどい場合は酸素系漂白剤を利用して落としましょう。

一人暮らしですと中々カーテンの洗濯はしない人も多いですが、気持ちもキレイになれるので是非洗ってみてくださいね。(おわり)

スポンサーリンク