一人暮らしの洗濯機。購入前に気をつけたい6つのポイントは?

「さあ!一人暮らしを始めよう!」と思っても、様々な家電を揃えないと生活を始めるのにも不便です。

しかし、大きな家電だと頻繁に購入するわけではないので、どんなものを購入したらいいのか分かりづらいもの。

一人暮らしを始めるのに、洗濯機は何を買ったら良いのか迷うのではないでしょうか。購入する前の5つのポイントについて紹介します。

スポンサーリンク

洗濯機を購入する前の6つのポイント

一人暮らしのための洗濯機を見に行く前に、気を付けたいポイントとして6つのことがあります。

洗濯機置き場

実家では洗濯機置き場が室内にあるのは当たり前でしょうが、一人暮らし専用の部屋は、今でも外に洗濯機置き場を設置しているところもあります。

それどころか、洗濯機置き場そのものがない場合もあるでしょう。

もし洗濯機置き場が外にある場合には、雨風にさらされるので、ドラム式洗濯機ではなく縦型式洗濯機の方がおすすめです。

洗濯物を干す場所

女性の一人暮らしであれば、何よりも防犯に気を付けなければなりません。

洗濯ものを干す場所が防犯上よろしくない場所である場合、乾燥機がセットになった洗濯機や、乾燥機能のついた洗濯機を選ぶのがおすすめです。

現在では、縦型式洗濯機であっても、完全には乾かないものの、ある程度は乾かしてくれる機能のついたものもあります。

ドラム式や乾燥機が置けない場合には、そのような縦型式洗濯機を選ぶのもおすすめです。

洗濯機を置く場所の広さ

洗濯機を置ける部屋は、洗濯機を置くスペースの広さが決まっています。

そのため、そのスペースより大きい洗濯機を買ってしまうと、後から「洗濯機を置けなくて困った!」なんてケースも実は多いんですよ。

したがって、どれくらいまでの大きさの洗濯機であれば置けるのか、あらかじめ確認してから、洗濯機を買いに行きましょう。

搬入スペース

これって、意外と見落としがちなのです。

部屋は広いから大きなサイズの洗濯機を置けるスペースがあっても、搬入スペースが狭くて搬入できなかったという話、少なくないですよ。

なので、洗濯機を実際に置くスペースの広さだけではなく、アパートやマンションのエレベーターやエントランス、廊下の広さ、玄関の間口などのスペースも確認しましょう。

洗濯する時間

一人暮らしを始めると、当たり前ですが自分で洗濯をしなければなりません。

実家にいるときだと、家族任せにしていた分、近所の人に迷惑にならない時間帯に洗濯をしてもらっていたことが多いのではないでしょうか。

ところが、一人暮らしを始めると仕事の関係上、深夜にしか洗濯をせきない場合もあります。

それを見越して、できるだけ静音の洗濯機を選ぶのもおすすめですね。もちろん、昼間に洗濯できる場合は昼間にした方が良いですが、そうもいかないのが一人暮らしです。

ただし、一人暮らし用のマンションやアパートは近隣に音が漏れやすいので、○時を過ぎたら洗濯をしない、などのマナーも必要です。

洗濯機の種類

洗濯機には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つ目は、縦型式洗濯機です。

いわゆる、スタンダードなタイプの洗濯機で、昔からあるタイプです。

「実家ではずっとこのタイプ」という方もいますよね。洗濯槽に水をためて回転させてできる水流によって、汚れを洗い落とします。頑固な汚れも落ちるので、ファミリーにも重宝されている洗濯機です。

縦型式の洗濯機というと、ちょっと古いというイメージのある方もいるでしょうが、縦型式洗濯機には様々なサイズがあります。

そのため、一人暮らしほど縦型式洗濯機を選ぶ傾向にありますよ。

低価格なものもあるのが、縦型式洗濯機の魅力です。ただし、水を多く使うので、自分で設定できるものの方が水道代の節約に一役買います。

2つ目は、ドラム式洗濯機です。

見た目のデザインがなんだかカッコイイので、一人暮らしの部屋にあると、おしゃれな感じがしますよね。洗濯ものを上下にたたき落とすことによって、汚れを落とすタイプです。

そのため、水の量を多く必要としないほか、衣類を傷める可能性も少ないので、おしゃれ着を多く持っている方に重宝されています。

しかも、ほとんどのドラム式洗濯機に乾燥機がついているので、洗濯に時間をとられたくない人にこそおすすめの洗濯機です。

ただし、ドラム式洗濯機は一定のスペースを必要とします。ドラム式洗濯機そのものが大きいサイズの傾向にあるのと、ドアが手前に開け閉めする洗濯機なので、狭いところにはおけません。

しかも、お値段も縦型式洗濯機と比べると非常に高く、縦型式洗濯機が10万円以下で良いものが買えるのに比べて、ドラム式洗濯機は10万円以上するのが普通です。

重ねたタオルと洗濯ばさみ

まとめ

洗濯機の購入前に気をつけたい6つのポイントを紹介しました。大きなものですし、価格も安くはないので、失敗したくないですよね。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク