住民票を実家から移す場合と移さない場合のメリットは?

住民票はその人がそこに住んでいるという証明をするものです。

住民票を登録すると、選挙のはがきが届いたり税金の通知が届いたりします。このように、その人がそこに住んでいるという証明になるのですね。

でも一人暮らしだと住民票を移さない、という人も多くいます。学生さんなら、数年で引っ越す可能性がある、実家が近い、移すのが面倒だと感じる場合などもありますよね。

では住民票を移したときのメリット、移さないときのメリットはどんなことがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

住民票を移すメリットは?

住民票を移すと、その土地に住んでいるという証明になり、各種通知などが全て自宅に届くことになります。税金の通知などはもちろん、運転免許証の更新のはがきなども届きます。

実家が近いと言う場合は必要ないかもしれませんが、やっぱり実家でワンクッションを置くよりも、全て自分の家に届いたほうが手続きが円滑に進みますよね。

他にも住民票が必要な手続きをするときも自分で役所に行けば簡単に済みます。

パスポートを発行したいというときも、住民票を移していれば簡単に出来ますよね。逆に、遠方の実家から住民票を移さないままだと結構面倒な手続きになってしまう可能性があるんです。

そして最大のメリットは、そこの土地のサービスを受けられる可能性があるということなんです。

美術館とか博物館の場合、そこの市区町村に住んでいる人は割引制度があったりしますよね。

いくらその土地に住んでいても、住民票の住所が別の場所だとこういった優待を受けることが出来ません。スポーツ施設なども格安で利用できる場合があります。

あとは地区が助成している健康診断や予防接種なんかの割引も受けられます。

もちろん実家に帰ったらそれらの助成やサービスを受けることは出来ますが、やっぱり自分の生活圏外だとなかなか利用しにくいのではないでしょうか。

住民票を移していると、各種手続きが便利だとか、市区町村のサービスを受けられるとか、住んでいてちょっと便利だなということがいろいろあるんですね。

市役所内にある机

住民票を実家から移さないメリットは?

 

住民票を移すメリットはいろいろありますが、もちろん移さないメリットもあります。実は、学生さんや実家が近い一人暮らしの社会人は住民票を移していない場合も多いんです。

住民票を実家から移さない最大のメリットは手続きの必要がないという点です。やっぱり手続きって何かしら面倒なことがありますよね。

住民票の手続きだけならそんなに面倒なものではないんですが、役所に行って書類を書いて、順番を待って、手続きをしてもらって…という手順は結構大変ですよね。

特に引越しなどの準備で忙しくしていると、わざわざ役所に行く必要があるのかなと思ってしまうのではないでしょうか。

忙しくて手続きをしない、と言う人もいるし、面倒だし別にいいかなと思って放置している人も多いみたいです。

もちろんはじめての一人暮らしの場合は住民票を移す、なんてことを知らずにそのままになっている場合もよくあるらしいですよ。

各種手続きを実家に任せているという人も住民票を移していません。たとえば学生のうちは親の扶養に入っている、年金や住民税の管理は親に任せている、という人も多いですよね。

この場合も住民票を移す必要はありません。もし自分自身である程度管理をする場合でも、定期的に帰省をしていれば問題はないでしょう。

最後に成人式問題ですね。20歳前後で一人暮らしをしているときに悩むのが成人式です。

成人式の会場に行くだけなら住民票がなくても行けますが、案内のはがきは住民票のある住所に届きます。

住民票を移していても連絡をすれば参加も出来ますが、それらの手続きがなくそのまま参加したいのなら住民票を移す必要はありませんね。

住民票を移すべき人、移さないほうがよい人

実家が近い学生さん、定期的に実家に帰っている学生さんは無理して移す必要はありません。もちろん移しても良いんですが、移さなくても問題はないでしょう。

両親からちゃんと連絡が来ていれば大丈夫です。学生さんであれば卒業後引越すことも多いでしょうし、二度手間になってしまいますよね。

ただ、社会人の方や遠くに住んでいる学生さんは移すことをおすすめします。社会人はいろんな手続きがあったり、引越し先の住所であれこれする機会が多くなります。

税金などの支払いも出てきますので、移しておくほうが無難です。何かあったときすぐに両親に聞いたり実家に戻るのは面倒ですしね。

実家が遠い学生さんも何かあったときのために移しておくことをおすすめします。

役所からの重要な書類が実家に全て送られてきますし、免許の更新なども実家に帰らないと手続きをすることが出来ません。金融関係の書類とかキャッシュカードの送付も実家に送られてくる場合があります。

実家に簡単に帰れない、各種手続きを自分だけで行ったほうが楽だという人は、一人暮らしでも住民票を移しましょう。(おわり)

スポンサーリンク