「共益費」の読み方は?「共益費」と「管理費」の違いは?
スポンサーリンク

「共益費」の読み方は?

賃貸情報を見ていて、家賃のほかに「共益費」という項目がある場合がありますよね。

この読み方は「きょうえきひ」です。

どう読むのか最初は迷ってしまいますよね。

というのも「ご利益」という言葉があります。

これは「ごりやく」と呼ぶので、「益」が「やく」です。なので迷ってしまっているのかもしれません。

あと人の名前の中にも「益」が入っているので、分かりにくい場合があります。

「益若つばさ」さんや、「益子直美」さんというタレントさんがいますよね。この場合の「益」の読み方は「ます」です。

さらに、「益子焼」をご存じでしょうか。

栃木県の益子町周辺を産地とする陶器です。これは「ましこやき」と呼びます。

なので「益」の読み方が「まし」なのです。

いろいろあって迷いやすいですね。

「共益費」とは?

「共益費」は「共通する利益のための費用」です。

アパートやマンションは一戸建てと違って、色んな人が住んでいますよね。

となると、自転車置き場や、階段や廊下を共用しているわけです。

そこは、常にきれいなわけではありませんから、掃除が必要です。

自転車置き場の管理、階段や廊下、エレベーター内の掃除、照明の管理、上下水道の掃除などが必要です。

それらの費用に使われるのが「共益費」です。

「共益費」と「管理費」の違いは?

他に「管理費」というものもあります。

あまり違いの差はありませんが、「共益費」が共用する部分にかかる費用に対して、「管理費」は、アパートやマンションの「管理」の費用という広い意味で使われます。

ということは、もし管理人がいるのなら、その人の「人件費」が含まれていたりします。

なので、管理人がいるということは、小さな所ではなくて、比較的規模が大きいマンションに該当します。

規模が大きいところでは、「管理費」になっている所が多いと思いますよ。

「共益費」や「管理費」の相場は?

「共益費」や「管理費」の相場は家賃の5~10パーセントといわれています。

5万円程度の家賃でしたら、2500~5000円程度になりますね。なので、10万円の家賃ですと、1万円ぐらいかかってしまう所もありますよ。

高層マンションでしたら、数万円になることも!

一回入居時に支払って終わり・・・ではなく、毎月費用がかかるもポイントです。管理や掃除は、毎月必要ですよね。

毎月支払うものなので、これらの費用もしっかり考慮しないと想像以上に住居費が高くなってしまいます。(おわり)

スポンサーリンク