冷凍食品の自然解凍タイプは安全なの?加熱タイプとの違いは?

冷凍食品は便利なものです。電子レンジで加熱すればいいだけで簡単。

最近は食品の保存技術の向上して、いろんな種類をスーパーやコンビニなどのお店で見かけますね。

さて、そんな冷凍食品ですが、「加熱タイプ」と「自然解凍タイプ」がありますよね。違いは何だろうという疑問は持ちませんか?

自然解凍でできるものは安全なのか、そんな疑問もあると思います。今回は冷凍食品のタイプの違いと安全性について紹介します。

スポンサーリンク

冷凍食品の自然解凍タイプは安全?

冷凍食品は基本的に加熱による調理が一般的です。しかし、「自然解凍OK!」と表記してあるものもあります。

料理をしない人は「冷凍食品=レンジで加熱調理」のイメージがあって、自然解凍できることは知らなかった、そんな人も多いかと思います。時代の流れで今はとっても便利になっていますね。

もちろんこれは自然解凍によって食べることができます。

まず、なぜ自然解凍で食べられるのかという疑問がありますが、冷凍食品に詳しい「日本冷凍食品協会」というのがあります。

そこが、要領を定めているのですが、自然解凍タイプについては、「厳格な取り扱いを行う必要がある」と書いてあります。

確かに不安になりますよね。衛生面は本当に大丈夫なのか。

弁当用として利用される場合、微生物学的に十分な安全性を確保しておく必要があり、消費者の通常の喫食時において許容される細菌数は以下の値とする。

細菌数/g 1.0×10000以下、大腸菌群/0.01g 陰性

数値をいわれてもなかなか難しいですが、殺菌は厳格に行っているということです。

別の言い方の規格は、

35℃で9時間保存(夏季の過酷な条件を考慮)した上で、細菌試験、味・風味・食感の官能試験を行い、それをクリアすること

となっています。製造過程でも厳格な取り扱いが定められているのです。

お弁当用の冷凍食品に自然解凍OKというのが多いですが、長時間食べない場合も想定されているのです。なので十分な微生物制御を行って高度な衛生管理をしているのが、自然解凍タイプなのです。

 

ですから、「加熱タイプの冷凍食品は自然解凍によって食べることができない」ともいえるのです。

加熱タイプは加熱調理を前提につくられているので、自然解凍で食べられるほどの微生物制御管理は行っていないのです。

よって加熱調理を勧めている冷凍食品を自然解凍によって食べることは安全ではありません。基本、パッケージに表記してある通りの調理をして食べるのが安全です。

自然解凍をする時間はどれくらいが目安?

最近はお弁当にいれて自然解凍するだけで食べられる冷凍食品も数多くあるようですが、解凍時間の目安はどれくらいなのでしょうか。

これは季節やその日の気温などに左右されるところがありますが、基本的には商品に記載されている通りにするのが良いと思います。

例えば、「鶏マヨ」という商品のパッケージをみると、「室温20℃の場合、約2時間」とあります。これは解凍するのに、これだけの時間がかかるということです。

「お弁当にいれると、お昼にはちょうど食べごろになっています」とも書いてあります。この場合は4~6時間程度と考えるべきでしょう。

まとめ

冷凍食品の自然解凍をテーマに紹介しました。

冷凍食品を安全においしく食べるにはやはり商品の調理方法をしっかり読んでその通りに調理するのが良いですね。

食中毒などにならないためにも冷凍食品を食べる際は商品の説明に従っておいしく安全に食べましょう。(おわり)

スポンサーリンク