アパートとマンションはどう区別されている?防音性の違いは?

「アパートとマンションはどう区別されているのだろう」

そう思ったことはないでしょうか。

アパートは小さくてマンションのほうが大きくてしっかりしている・・、ぐらいのイメージなのではないかと思います。

今回は、どう区別されているのか、また防音性に違いはあるのかについて紹介します。

スポンサーリンク

アパートとマンションはどう区別されている?

実をいうと、アパートとマンションに法的な区別はないのです。

家の造り、構造、階数、面積などで区別されることはありません。ざっくりと、アパートとマンションと言い分けていることがほとんどです。

だからアパートのようなマンション、マンションのようなアパート、というのも存在します。

ただイメージ的にはマンションのほうがしっかりとしている印象が強いので、迷ったときにはマンションに分類されることが多いでしょう。

アパートとマンションの区別の基準とは?

法的な区別はありませんが、不動産会社によってはある程度区別するための基準を設けています。

会社によって基準はことなりますが、多いのが造りです。

鉄骨造、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造などはマンションに分類されることが多く、木造や軽量鉄骨造で造られた物件はアパートとされることが多く見られます。

 

なんとなく、鉄筋コンクリートがマンションで木造や軽量鉄骨がアパートというイメージがある人は多いのではないでしょうか。明確な分類ではないんですが、そういった区別を設けているところがありますね。

そして3階建て以上はマンション、2階建てはアパートと区別しているところもあります。なんとなくそんなイメージがあると思う方が多いかと思います。4階以上のアパートってなかなか聞きませんよね。

エントランスが屋内にある、エレベーターが付いている、3階以上の物件がマンション。2階建てで各部屋のドアが屋外からも見えるような物件はアパートという印象があるかもしれません。

明確ではないですが、そういった区別をしている会社も多くあります。

アパート

アパートとマンションで防音性に違いはある?

物件探しが気になるのが防音でしょう。やっぱり出来るだけ静かな物件に住みたいですよね。

前述の通り、アパートとマンションの区別はありません。

でもイメージ的にはマンションのほうが防音がしっかりと整っている印象が強いでしょう。これはマンションの造りに大きく関わっています。

 

どちらかというと、鉄筋コンクリート物件はマンション、木造や軽量鉄骨造りがアパートの分類されることが多いのは先程述べた通り。

防音の中でも重要なのが鉄筋コンクリート造りという点です。比べてみると、鉄筋コンクリート造りの物件のほうが音は響きません。もちろん壁が薄く作られている鉄筋コンクリートの場合は防音が気になる可能性もありますが、木造ほどではないでしょう。

木造のアパートは少なくなってきてはいるものの、まだ多く存在します。

 

木造アパートは古い印象が強いですが、最近はリノベーションも流行っているので、室内が綺麗な木造物件も増えてきました。

綺麗だから、リノベーション仕立だから、といって木造物件を選ぶと、騒音問題に悩まされてしまうかもしれません。

また、軽量鉄骨は木造ほどではありませんがやはり防音が気になります。

何で造ったかは簡単に防音度合いを比較する対象になりますが、確実ではありません。やっぱり一度物件を見てから決めるようにしたほうがいいですね。

それぞれのメリット・デメリットとは

明確な区別はないものの、いくつかの条件によって分類されています。

そのため、それぞれにメリット・デメリットがあります。物件を選ぶときは、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで選びましょう。

 

アパートのメリット・デメリットは、家賃が安いところ。

アパートだから確実に安いという訳ではありませんが、10万円を超えるアパートはなかなかないでしょう。また、管理人が常駐している物件が少ないため、管理費などが掛からないところも多いです。

中には駐車場代無料の物件もあるほど、価格重視ならアパートがおすすめです。

しかしアパートはどちらかというと古めの物件が多いです。もちろん騒音問題も気になるでしょう。

古い物件だと、その物件が立ったあとに周辺に建物が建つようになり、後から日当たりが悪くなった、騒音が気になるようになった、と言うことも珍しくはありません。
だから、音漏れ、日当たり、周辺環境などをしっかりと確認をしましょう。

 

続いてマンションのメリット・デメリットです。

マンションはアパートに比べると防音性に優れている、安全性が高い、オートロックや宅配ボックスなどの設備があるなど、多くのメリットがあります。

もちろんマンションによって異なりますが、アパートよりも住みやすい環境のところが多いでしょう。
特に女性であれば、マンションのほうが安心して住むことが出来るかもしれません。

デメリットは価格が高いところと、マンションだからといって必ずしも防音ばっちり、安全性抜群、という訳ではないという点です。

まとめ

今回はアパートとマンションの区別について紹介しました。

法的には区別はありませんが、不動産会社でおおむね基準を設けて違いはあります。

防音性の違いはアパートかマンションかというより、造りが関係してきます。しっかりとした鉄筋コンクリート造りは防音性は高いですが、木造はやはり響きやすいです。

防音性が気になるなら、やはり物件を見てみるというのが得策です。(おわり)

スポンサーリンク