世界の一人暮らし率は?日本と比べてみよう!

日本は高齢化、未婚者の増加などがあって一人暮らし率が高くなっています。

そうなると世界の状況も気になるもの。

ここでは、世界の一人暮らし率、また日本の今後の推計についても紹介します。

スポンサーリンク

世界の一人暮らし率

平成30年に発表されたデータ「世界の統計2018~総務省統計局」から、一人暮らし率を紹介します。

計算方法は、一人世帯数÷総数。

各国のデータは、最新のものでも10年前以上のものもあります。現在の状況とは差があるはずですので参考程度で考えてください。

一人暮らし率(%) 年次
日本 34.5 2015
イスラエル 21.0 2008
イラン 7.1 2011
インド 3.9 2001
韓国 23.8 2010
中国 14.5 2010
バングラデシュ 3.2 2011
フィリピン 5.8 2007
ベトナム 7.2 2009
アメリカ合衆国 26.7 2010
カナダ 27.5 2011
メキシコ 8.7 2010
アルゼンチン 17.6 2010
チリ 11.6 2002
ブラジル 8.8 2000
アイルランド 23.7 2011
イギリス 30.5 2011
イタリア 31.1 2011
エストニア 33.5 2000
オーストリア 36.2 2011
ギリシャ 19.7 2001
スイス 35.9 2000
スペイン 23.1 2011
スロバキア 25.3 2011
スロベニア 21.8 2002
チェコ 32.5 2011
ドイツ 37.2 2011
ノルウェー 39.5 2011
ハンガリー 32.0 2011
フィンランド 40.9 2010
ベルギー 34.0 2011
ポーランド 24.0 2011
ポルトガル 21.4 2011
ラトビア 34.4 2011
ルクセンブルク 33.4 2011
ロシア 25.6 2010
ウガンダ 13.3 2002
エチオピア 8.2 2007
南アフリカ 27.5 2011
オーストラリア 24.3 2011
ニュージーランド 22.4 2006

日本の一人暮らし率は34.5%。3世帯中1世帯が該当します。

しかし世界に目を向けてみると、フィンランドのように40.9%とさらに高い国もあります。

ヨーロッパは軒並み高くて30%以上のところが多くありますね。

 

さて、その他の地域ですが、アフリカの国のように発展途上国は数値は低いです。経済的豊かさと一人暮らし率とは比例関係にあるでしょう。

一人暮らしは住居費を自分一人で払う必要があるので、ある程度経済的に余裕がないとできません。

また、平均寿命も関係してきます。一人暮らしになりやすいのは高齢者。

発展途上国は、平均寿命が先進国に比べると低いので、独居率も低くなるということですね。

 

あとは、先進国であっても一人暮らし率が低いのは、お国柄もあるでしょう。家族と暮らすのが当然の国もあります。

日本の今後予測

日本は今後、どんどん一人暮らし率が高くなっていくのでしょうか。

国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計2018(平成30年)」のデータによると、以下の通りです。

  • 2020年・・・35.7%
  • 2025年・・・36.9%
  • 2030年・・・37.9%
  • 2035年・・・38.7%
  • 2040年・・・39.3%

まだまだ増え続けるのですね。2040年には、40%近くまで上昇。半数とはいかないまでも、結構な割合で一人暮らしになっています。

 

数自体で言うと、将来的に一人暮らしの世帯数は減っていきます。人口そのものが減っていきますからね。

一人暮らしの単独世帯は2030年あたりがピーク。世帯総数の方は、2025年前後にピークが来て減少に転じます。

単独世帯の方はピークは過ぎてもそれほど減少しませんが、世帯総数は減少率が高くなります。

ですから、一人暮らしの割合としては、まだまだ高くなっていくことになります。

 

ちなみにこちらが単独世帯の過去の指標。

  • 1989年(平成元年)・・・20.0%
  • 2001年・・・24.1%

20.0%から2040年には39.3%と、2倍に上昇しています。半世紀で世帯構造が大きく変化したんですね。

まとめ

世界の一人暮らし・独居率を紹介しました。

日本以外にも、一人暮らしの割合の高い国がたくさんありますよ。(おわり)

スポンサーリンク