ユニットバスの使用方法は?カーテンやバスマットはどうすべき?

「ユニットバス」の使用方法って分かりづらくありませんか?

家族と住んでいたら、お風呂とトイレは別々だったのに、ホテルやアパートだと一緒になっている・・・・。

みんな当たり前のように使っているから、人に聞くのはちょっと恥ずかしいですよね。私も最初は使い方が分かりませんでした。

使用方法は、人それぞれで使いやすいようにすればいいのですが、参考ということで紹介します。

スポンサーリンク

ユニットバスの使用方法

一人暮らしでアパートに住んでいると、トイレとお風呂が一緒になったユニットバスが多いです。

これはトイレとお風呂と洗面台が一緒になった「3点ユニットバス」と呼ばれるものです。お風呂と洗面台だけの「2点ユニットバス」というのもありますよ。

ここでは、トイレのあるユニットバスについて紹介します。

 

ユニットバスは中が狭いので、体を洗う所はどこだろうと、最初は悩んでしまいます。便器が置いてあるスペースで洗うと便器がびしょびしょになってしまいます。

一般的な使用方法としては、湯船内で体を洗います。浴槽内で洗えば、トイレ周りがびしょびしょになることはありません。

となると、体を洗うのと湯船に浸かるのをが同じ浴槽内で行わなければならないから、どっちが先なのだろうと思いますよね。

一般的な使用方法としては、最初に浴槽にお湯をはって、湯船に浸かります。その後、お湯を抜きつつ、髪や体を洗います。

ただ、使用方法は人それぞれです。

最後に湯船に浸かりたい人は、髪の毛と体を最初に洗っておいて、軽く浴槽内を水で流して綺麗にした後、浴槽内にお湯をはって湯船に浸かります。お湯から出る時にお湯を抜いて終了です。

 

アパートのユニットバスの浴槽は小さめのが多く、たまるのが早いです。ですから寒くなければ、髪や体を最初に洗って最後にゆっくり湯船に浸るという方法もアリです。

一般的な使用方法を紹介しましたが、ユニットバスの入り方は自分の使いやすいようにすれば良いのです。どれが正しいということはありません。

こんな使い方をする人もいました。

最初に栓をして浴槽内でお湯を溜めながら髪を洗います。湯船に浸かるのとシャンプーを同時にするのです。髪を洗うのと体が温まるのが同時に終了したら、栓を抜いてお湯を抜いて、最後に体を洗って終了です。

とても寒がりな人のようで、体を温めながらシャンプーをするそう。冬場はそうしないと寒くて辛いそうです。

ユニットバス

カーテンの使用方法

シャワーカーテンは外側に垂らすのか内側に垂らすのかという問題があります。

強いて言うならば、シャワーカーテンは体や髪を洗う時は、浴槽の内側に入れる方法をおすすめします。

この方が、水しぶきが便器の置いてあるスペースに飛んでいきません。水びだしにならなくて済むのです。

人によってはシャワーカーテンを引かないという人もいます。シャワーカーテンで浴槽とトイレをさえぎってしまうと、圧迫感を感じてしまうそうです。シャワーカーテンを引かないで、そのまま体と髪を洗っている人もいますよ。

飛び散ったお水はお風呂から出たあとで、簡単にお掃除すれば良いから大した問題じゃないみたいです。

でもお水が飛び散ることで、トイレットペーパーが濡れることもあるので、シャワーカーテンを引くことをおすすめします。

バスマットの使用方法

ビジネスホテルですと、浴槽の縁にかかっていることが多いバスマット。バスタオルに似ているので、間違いやすいですが、これはバスマットです。

このバスマットは、浴槽のすぐ横に置いて、湯船から出たら拭くというのが一般的な使用方法。

ただこれも使い方は人それぞれで、ユニットバスの入り口の外側に置く人や、入り口の内側に置く人もいます。

また、体を洗う前から敷いて準備しておく人や、洗い終わってから敷く人もいて、タイミングも色々ですよ。

まとめ

今回は、ユニットバスの使用方法を紹介しました。

正直を言いますと、別に他の人に迷惑をかけるわけでもないので、自分の使いやすいようにするのが一番ですね。

床が水びだしになるのが嫌な人と、別にかまわない人で使用方法は分かれるでしょう。(おわり)

スポンサーリンク